SNSって若い子達の専売特許かと思いきや、

30代から40代女性の利用率も非常に高いんです。

 

そこで、今回は3、40代女性のリアルな

ソーシャルメディア事情をお届けしたいと思います。

 

1、Facebookは眺める派が多数

一時期はSNS界の王座を取っていた

Facebookですが、3、40代女性は

投稿よりも「眺めること」をメインに

していることが多いようです。

 

Facebookはリアルな人間関係とつながるので、

監視されているようで

自由な投稿ができなかったり、

プライベートを晒すことに抵抗を感じたり、

と「自由に使える雰囲気」ではない模様。

 

リアルな人間関係と

ダイレクトに繋がっているFacebookでは、

それほどキラキラした投稿をしないように

心がけている人が多いのです。

 

2、Instagramではキラキラ投稿だけど情報は参考にしない

リアルな人間関係とリンクしていない

Instagramでは、キラキラした投稿をすることが

多い傾向にあります。

 

美味しい料理やパーティーの様子など、

Facebookでは投稿しづらいことも

投稿できるのがInstagramの魅力です。

 

ただ、Instagramを使った情報取集には消極的で、

リアルな人間関係から

必要な情報をゲットすることが多いようです。

 

3、40代女性はある程度

人間関係も構築されているため、

信頼できる友達からの情報を参考にします。

 

3、LINEの企業アカウントはスタンプ目当てにフォロー&更新頻度が低ければフォロー継続

LINE公式アカウントを運用している企業は、

スタンプを無料で配布することで

フォロワーを獲得します。

 

スタンプを獲得したらすぐにブロックする人も

いますが、中には様子を見てから

フォローを継続するかどうかを

判断する人もいるようです。

 

彼女たちは、更新頻度が低ければ

フォローを続けるのだとか。

 

LINEアカウントをビジネスで

使っている方にとっては、耳寄り情報ですね。

 

まとめ

3、40代女性は、SNSに熱中するのではなく、

「ツール」として上手に活用している

様子が垣間見えました。

 

FacebookやInstagramなどと

一定の距離を置きながらも、

日常の中に取り入れていましたね。

 

彼女たちのSNSの使い方は、

サービスのプロモーションの役に立ちそうです。

 

今回もayakaのブログを最後まで読んでいただき

ありがとうございました!

 

女性起業やビジネスのお役立ち情報を

日々配信しておりますので

次回も是非お楽しみに!

 

ayaka

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
■お金と時間の悩みが消えてなくなる
 最高の時短(KADOKAWA)
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

リボンご購入はこちら

リボンお試し読みはこちら

リボンどんな本か、20秒の動画でご覧ください^^

リボンその他、ayakaの本はこちらで紹介しています。